GUTSな日々

飛距離アップ練習法 その1

こんにちは!

コンバインドプレーン認定校のセントラル青砥/葛西で

レッスンを担当しているマッシー広瀬です!

8月も残り1週間になりましたね!

暑い中でも練習とラウンドは計画的にしてましたか?

そこで数回に分けて「飛距離アップ練習法(虎の穴編)」をご紹介します。

今回は「グリップタオル巻き打ち」を紹介します。

写真(上)のようにタオルを半分の半分にたたんで、グリップに巻きます。

この時、きつく・しっかり巻く必要はありません。

少しふわふわくらいでOK!

スイングはコの字スイング以上(スリークォーター/フルスイング)で行ってください。

使用クラブは7I~1w ※アプローチショットには不向きかもしれません。

7Iでのタオル巻きグリップでのスイング動画はこちら⇒ IMG_4996

どうですか?

スイングスピードは、5~6割りくらいから始めてください。

手首の力が抜けてきて、クラブヘッドの重さが感じられるようになれたらGOOD!

ここまでご覧になって「なぜタオル巻きグリップ打ちが飛距離アップなの?」って思いませんか?

理由は、飛距離が思うように出ない方の多くが

「手首に力が入り過ぎ/クラブを強く握りすぎ」ています。

プロゴルファーや上級者がアドレスの時に行う

「ワッグル」は手首の力を抜く動作なんですよ!

クラブヘッドの重さが感じるようになって来た頃には、

思ったよりもヘッドが走っていることでしょう!

ラウンド中でも「力入り過ぎだよ!」なんて同伴プレーヤーから言われる方は是非お試しを!

注)練習場でクラブを飛ばさないようにご注意ください。(笑)

今回は「タオル巻きグリップ打ち」で手首の力の抜き方をご紹介しました。

次回は「足腰の効果的な使い方(虎の穴編)」を紹介します!

お楽しみに!

コンタクト

*
*
* (公開されません)

Return Top